中国に旅行して驚いたこと

先日、中国の北京に旅行してきました。特に冬場、大気汚染で悪名高い時期です。

中国で驚いた事はいろいろありますが、クレジットカードが使えないことに驚きました。というのは、中国は北京や上海などは確かに発展していますが、多くの都市は未だに発展途上であり、ビザカードやマスターカードなど、世界水準のクレジットカードの水準に満たない生活をしている人が多いため、世界で使われているクレジットカードを所有する人が少ないのです。そのため、お店自体がそのようなクレジットカードの会社と提携しておらず、ビザカードやマスターカードはほとんど使うことができません。

それならばカードがないのかというとそうでもなく、日本でも最近見かけるようになった銀聯カードが一般的です。例えば、イオンなどで使えるカードですね。これは銀行で口座を作ると誰もがもらえるカードですから、いわゆるキャッシュカードと同じです。また、デビットカードと同じように使うこともできます。しかし、デビットカードと同じと言うことは口座にお金がなければ使えないと言う事ですから、世界的に言うクレジットカードとは少し違うようです。

ただし、この銀聯カードなら中国のどこででも使えますから、中国に長期滞在するならば1枚くらい持っておいても良いかもしれません。和服買取ガイド|損をしない着物買取のコツを伝授!